収集運搬方法

PCB廃棄物を処理施設へ運搬するには

PCB廃棄物の収集運搬時には、関係法令やガイドライン、処分業者が定める受入基準を遵守し、十分な体制を整備した上で、安全かつ適正に行わなければなりません。

また、北九州市内においては、市の定める運行条件を遵守して収集運搬を行う必要があります。

市の運行条件

  1. 運搬方法はトラック輸送のみとし、緊急時対応のための先導車を付けること
  2. 収集運搬経路は幹線道路を運行することを基本とし、特に北九州PCB廃棄物処理施設への搬入においては、原則として、九州自動車道、北九州都市高速道路から若戸トンネル・若戸大橋を経て、国道495号、臨港道路響灘1号・2号道路を運行すること
  3. 収集運搬時間は、原則として午前7時から午後6時まで(11月から2月までは、午前8時から午後5時まで)とする
  4. 台風、大雨、積雪等により安全な運行に支障が生じる場合やその恐れがある場合は、運行しないこと